壊れたメガネ

ホッチキスの達人の意識の高いブログ。

ようやく AVR

秋月で買って放ったらかしだった AVR をようやく開封。

f:id:oasynnoum:20131006231332j:plain

ATtiny2313

f:id:oasynnoum:20131006231345j:plain

ATmega88V

いわゆるLチカまでやりたかったんですが、AVRライターとマイコンの接続ってどうすりゃいいんだよってので格闘してました。
入門書二冊持っているんだけど、どちらもその辺りはさらっと回路図載せて終わり。
そうですね。回路図読めないドシロートが手を出しちゃいけないってことなんですね。
WEBに散らばる先人のログと入門書の回路図を見比べながらどうにか接続。

f:id:oasynnoum:20131006235354j:plain

ATtiny2313 と AVRISP mkII を接続した様子

f:id:oasynnoum:20131006230105j:plain

ちゃんと認識されました

f:id:oasynnoum:20131006231452j:plain

入門書二冊。
AVRマイコンプログラミング入門はATmega88を例に、
試しながら学ぶAVR入門はATtiny2313を例にあげています。

しかし、どうやっても ATmega88V が認識されないので、こちらはしばらく放置かな。
Lチカ自体はこの状態まで持って来ればコードをコピペしてライターで書き込めばすぐできるんだろうけど、
ピンの機能やコードの意味を調べながらじっくりやりたかったのでおあずけ。