壊れたメガネ

ホッチキスの達人の意識の高いブログ。

向き不向きについて

自分の狭い了見で向き不向きについて考えてみた。

ある物事に対し他人から「向いていない」と指摘を受けて、「テメーに何がわかるんだ糞野郎」と思えるなら向いているんだろうと思う。
その他人というのがその物事に自分より秀でていたり、あるいは尊敬している人であるほど、「向いていない」という説得力は増すが、そういう人からの指摘を受け止めて尚、「テメーに何がわかる」と思えるなら、よりいいんじゃなかろうか。

またこのようにも思う。
ある物事に対して自分でモチベーションをコントロール出来ないなら、多分その物事には向いてない。
これは id:senahate さんのブログを見ていて感じたこと。
つまり、やる気でないんだったら無理してまでやらないほうが幸せだよなということ。
こんなことを言うと偉そうで大変恐縮なんだけど、 id:senahate さんはこの意味でプログラミングとか彼のブログのテーマについて向いているんだろうと思う。
一々だれかにおだてられないと何も出来ないなら、それは向いてるとは言い難いよね。