壊れたメガネ

ホッチキスの達人の意識の高いブログ。

php-usb について

停滞していた php-usb を現状で一区切りつけることにした。
php-usb の現状の APIlibusb のプロトタイプをそのまま PHP に持ってきたという何の芸もない代物。
USB プリンタを無理やり動かしたりしてみた
一応やりた(い|かった)こととしては、

  1. メジャーな Linux ディストリビューション向けのバイナリパッケージ(rpm, deb)を用意する
  2. ドキュメントづくり、出来れば英語。
  3. OO なインターフェースを用意する
  4. USB の様々な Device Class に対する抽象クラスを用意する
  5. 色々な example の用意

1,2,3についてはやれば出来るレベルで、このあたりまではこの3ヶ月以内に実現したい。
英語でのドキュメント作りについては「てんきゅー」とか言って失笑を買うレベルなのでドーンと行こうと思う。

4については100ヘクタールぐらいの大風呂敷を広げた感じなのでなかったことにしようと思う。
このあたりは、 php-usb のユーザーに期待したほうがいいことなのかもしれない。
あるいは、このプロジェクトに関わりたいっていう変人の出現に
あるいは、このプロジェクトに関わりたいっていう変人の出現に
あるいは、このプロジェクトに関わりたいっていう変人の出現に

5については、「色々な」っていうのが4と同じく大風呂敷な感じがある。

6月の下旬に php-usb についての質問をメールで頂いたことを今朝になってようやく気づき、「うおおーー!”!」とか言いながら Google 翻訳で清書(?)を繰り返してた。

php-usb を一区切りつけて何がやりたいかというと、 AVR をメインにマイコンの勉強がしたい。

先週 id:margaman に飲みに連れて行ってもらって、あるお店に入った。
そのお店はバーっていうのかよくわかんないんだけど、飲み物しか出ないようなお店で、その日お店の面倒を見ていた人、マスターって言えばいいのかな、その彼と僕ら4人の計5人でなんか色々話をした。
実は僕以外の人間がなんかしら音楽やってる人間で、そんな人達に「ハードウェア勉強したいんすよ〜!あ、そうだ!エフェクター作るんで使ってくださいよ〜」とか意味不明な事を烏龍茶飲みながらシラフで言っていた。

そんなわけで電子工作とかマイコンの勉強とかやりたいんだけど、 php-usb を片付けるのが先決。