壊れたメガネ

ホッチキスの達人の意識の高いブログ。

クリスマスは Arduino で遊ぶ予定が既に入っています。

ということで、「 Arduino Uno/Leonardo で始める電子工作」という本を買った。

f:id:oasynnoum:20121207005251j:plain

ジュンク堂には Arduino 関連の書籍は結構あったが、この本の中の「葱ふってる女の子が有名」(P133)という一文が僕の背中を押した。(初音ミクはよく知らないが mikutter は使っている。)

8〜18章の各章では様々な(といっても基本的な)モジュールやセンサーを用いた例を扱っている。 モジュール・センサーの物理的な構造や電気的な性質を解説してあったりで、そういったものを扱ったことがないドシロートには有り難く感じた。つまり、この解説によって実際にその物を手にとる前にそれがどういったものかをある程度把握することが出来る。訳もわからず買い物しなくてすみそうだ。

冒頭で、「初心者はスイッチサイエンスが出している『 Arduino をはじめようキット』を買うといいです」とあったのもよかった。これから買います。