壊れたメガネ

ホッチキスの達人の意識の高いブログ。

WordPress のテーマを使いまわしてやったぜ!ヒャッハー!

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) グローバル変数は消毒だ〜っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/


WPZF 概要



WPZF Project Home
いろんなアプリケーションで WordPress のテーマ使えたら素敵だよね!ということで WordPress の CMS と ZendFramework の MVCフレームワーク(+いろんなライブラリ)をくっつけてみました。
WPZF の仕組みは簡単で、 WordPress が 404 を返すときに ZendFramework アプリケーションにリクエストの処理を委ねるというものです。


WPZF のいいところ



フツーにZendFramework の MVC フレームワークを使える。
フツーに WordPress の CMS が使える。
WordPress の豊富なテーマを ZendFramework アプリケーションで利用できる。
静的なコンテンツを作るのにわざわざ空の action を作る必要が無い。(静的なコンテンツに限って頻繁に文面に変更がでてくるのでこれは地味に便利だと思う)


ダウンロード



(wordpress-3.2.1 を元にしています)
ZendFramework ライブラリもいっしょ。(php include_path に ZendFramework ライブラリが無いって人はこれ。 ZendFramework-1.11.10)
wpzf-r5-ZendFramework-1.11.10-included.zip
wpzf-r5-ZendFramework-1.11.10-included.tar.gz


ZendFramework ライブラリは抜き。(php include_path にすでに ZendFramework ライブラリがインストールされている人はこれ。)
wpzf-r5.zip

wpzf-r5.tar.gz


インストール



上記のリンクからダウンロードした圧縮ファイルを展開してください。
展開してできたディレクトリを wpzf とします。
wpzf/public をドキュメントルートに設定してください。
ブラウザからアクセスしていつも通り WordPress のインストールを行ってください。
ZendFramework アプリケーションの開発はいつも通り cd wpzf; zf create controller hoge; みたいな感じで行ってください。


パーマリンクの設定



WordPress インストール後に一つだけやらなければいけない設定があります。
ダッシュボード -> 設定 -> パーマリンク設定
パーマリンクの設定を行う。
一般的な設定のラジオボタンの「デフォルト」以外を選択する。
パーマリンクのデフォルト設定がダメな理由は、URLルーティングにマッチしなかったリクエストでもフツーに200を返すからです。つまり ZendFramework アプリケーションが動く余地が無いということです。