壊れたメガネ

ホッチキスの達人の意識の高いブログ。

エンジニアが知っておくべきダストボックスというソリューション

Dustbox

ダストボックスというソリューション



クライアント企業様のプラットフォームをクラウドに持っていくという手もありますが、ダストボックスに持っていくという選択肢もあります。
ダストボックスは究極の火葬化ソリューションです。
ダストボックスに移行すれば、いままでの煩雑な保守業務から 100% 解放されます。
ハードウェアのメンテナンスはもちろん、それまでクライアント企業様のプラットフォームで走っていたアプリケーションのメンテナンスからも解放されます。
さらに驚くべき事に開発の手間まで省けてしまいます!
システムのトラブルで休日出勤なんて事から解放されます!


導入は非常に簡単です。





  • リサイクル業者に電話をかけましょう。

    リサイクル業者は基本的にリサイクル料金を請求してきますが、業者によってはむしろペイバックしてくれるところもあります。


  • ハードウェアの引き渡し

    リサイクル業者がクライアント企業様の所在地に訪ねてきます。

    リサイクル業者にリサイクル料金とハードウェアを引き渡します。


  • 完了!

    おめでとうございます!

    それまでクライアント企業様の手を煩わせていた要因はこれで 100% 除去出来ました!