壊れたメガネ

ホッチキスの達人の意識の高いブログ。

君がッ ツッコミを入れるまで アウトプットをやめないッ!

自らの中途半端な知識を嘆いてアウトプットを行わないのはよくない。
アウトプットはする。
自らの知識が中途半端と認識出来るなら、納得するまで知識を補うべきだ。
これは完璧に知識を溜め込んでからアウトプットしろという事ではない。
やむをえず中途半端な知識をアウトプットする状況もある。


もしくは自分の知識にある程度の自信があったとしても、アウトプットの最中に不完全な部分が明るみに出ることもある。
というか、アウトプットはそういうもんだろう。
完璧な知識を持ち合わせた人間はいない。これは言い切ってやる。
つまりアウトプットをしている人間はみんな不完全な知識のままものをしゃべっている。
そういうものだ。


自らの曖昧な知識/憶測に固執する事は何よりも馬鹿げている。
正しいものは正しいと認めるべきだ。さもないと疑似科学者呼ばわりされるのは目に見えている。


不完全な知識を指摘される事を、自身が攻撃されていると捉える人は多いように思う。
彼に反撃する事などもってのほか。むしろ感謝すべきだ。

知識のよりどころを I'm feeling lucky に求めるのは感心しない。
その人は歩く劣化 Google と呼ばれる事になる。何という名誉。


とにかくアウトプットはするんだ。
知ったかぶりのように思われても構わないし、恐れないし、誤った点を指摘されれば素直に受け入れる。
経験は大事だ。実験も大事だ。知識のよりどころをブログに求めない事だ。


ついカッとなって書いてしまった。ぼくはアウトプットをやめません。しょぼいアウトプットですが。